2016年7月29日金曜日

【ORANGE COUNTY10周年記念イベント”GLAD”にてライブプリントしてきました】


先日、熊本市・並木坂にありますセレクトショップ ORANGE COUNTYさんの10周年記念パーティ【GLAD】に参加してきました。











とにかくみんなでワイワイ!






DJによる心地よいBGMが流れていたり…






オーナー大島さんの前職の勤務地・茨城より、アパレル・飲食・農家のチーム茨城がわざわざ来熊したり…






お店の歴史を感じる写真も掲載されていました。
実はORANGE COUNTYは僕が以前勤めていたお店。
なので僕もこの中に混ざっています(笑)






とにかく賑わってます!






そんな中、僕らDARGO JAPANはLIVE シルクスクリーンプリントを行いました。
刷り方を教えて、お客様自身に刷ってもらったりしたのでお客様もすこし緊張しながらプリントされていたのが印象的でした。






おかげさまで大盛況でして、スタートからラストまで止まりませんでした。





これは”スキージ”と呼ばれる道具で、プリントするときに使います。これもだんだん年季が入ってきました。







ドライヤーでしっかり仮乾燥させます。







10周年記念 オリジナルロゴ。いい感じです。







素敵な2ショット。ワンポイントでサクッと着れそうなあたりがOCらしい雰囲気を醸し出しています。






Zaitsuもいったん休憩中~~。






ラストは大島代表のスピーチ!






10年目の胴上げ!







最後はOCクルー&DARGOでパシャリ。



あらためてORANGE COUNTY10周年おめでとうございます!
ぼくらも少しでも華を添えることができて良かったです。


それでは、【GLAD】ということで^^





DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Blog】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!
e-mail:dargo.japan@dargo2014.com

2016年7月27日水曜日

【夏に焦点をあてたシルクスクリーンT-shirtを製作しました】

いつも熊本発インディーズT-shirtブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます!


DARGO JAPAN、夏の新作T-shirtが完成しました。
Facebook・Instagramでは先行してご紹介しておりましたが、夏をズバリ感じさせる渾身のデザインとなっています。




【DARGO】
"HAVE A NICE DAY"T-shirt
all 4color
size:XS, S, M, L, XL
price:4900yen + tax



SUMMER WHITE(CLICK!!)






色は<ホワイト×スカイブルー×オレンジ×ブラウン>です。
白いプリントTeeといえど、このカラーリングは日本でも珍しいかと思います。
思いっきり夏に焦点を当てていますからね。







【STYLE】 171cm / 58kg サイズSMALL着用

サーフ&スケートよりのデザインなので着こなし方はきっぱり分かれるところですが、個人的にこのデザインはジャストでスマートに着こなしたかったので、SMALLを着用しています^^







【STYLE】 サイドビューもスッキリです。








SUMMER YELLOW (CLICK!!)







ゴールド寄りのイエローというよりは、何度も何度も着込んだような、一見ビンテージTシャツのようなイエローをつくりました。
カラーは<イエロー×スカイブルー×ブラウン×ホワイト>です。
ガッツリな黄色ではないので、黄色嫌いな方にもチャレンジしやすいと思います。








BURGUNDY (CLICK!!)







個人的に、バーガンディーのT-shirtがアツいんです。いま着ている人、街中にいますか?
ちなみにフロントのサイドラインは”生成り”です。シブい・・・。
色は<バーガンディー×生成り×オレンジ×ネイビー>です。
70年代のNIKEのT-shirtのようなカラーリングで、僕もとても気に入っています。







【STYLE】171cm 58kg サイズSMALL着用

ウォッシュのかかったLEVI'S 501CTとブラウンのモカシンブーツと合わせてみましたが、夏にあえてこのカラーのT-shirtスタイルもシブくて最高ですね!






【STYLE】 

夏のサンセットビーチ(夕暮れ時の海)のような色で最高です◎







FOREST GREEN (CLCIK!!)






こちらは森林のような深いグリーンがとても印象的です。
<フォレストグリーン×濃いイエロー×ホワイト×スカイブルー>を組み合わせています。
このカラーリングはとてもT-shirt市場では珍しいですし、小さくやっているウチだからこそではないしょうでか?
ブラックのワークパンツと合わせてスケータ―スタイルに合わせてもカッコいいと思います。




僕は心底古着が好きなので、製作しているシルクスクリーンT-shirtも【着込むたびにカッコよく育つT-shirt】というコンセプトで製作に取り組んでいます。


だからプリントも今ではほとんど使用されなくなった「水性インク」を使い、


昔ながらのウッド枠シルクスクリーンを使って、手刷りでプリントしています。


手刷りすることで、ごく僅かな”版ズレ”や”カスレ”が起きます。


しかしそれは個体差となり、T-shirtが発展途上だった”あの頃”のような雰囲気を身にまとい、大量生産系のズラッと並べられた一般的なT-shirtとは圧倒的に違う覇気につつまれます。


せっかくオリジナルで製作するのであれば、僕がカッコいいと想うシルクスクリーンT-shirtを製作したいですし、


せっかく選んで頂くのであれば、着るたびにカッコよく経年変化するT-shirtをご提案したい。


そういうプロセスで今回もコンセプトに忠実に製作に取り掛かりました。


ひとまず新作ご案内という形で、タイムリーにご紹介させていただきました。
近日中に詳細解説を行いたいと思います。


本日はこのへんで!




DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Blog】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!
e-mail:dargo.japan@dargo2014.com

2016年7月21日木曜日

【DARGO Original Sign Board 入荷しました】

いつも熊本発インディーズT-shirtブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます。



アメリカにて古くから伝わる伝統技術に「サインペインティング」と呼ばれるものがあります。



サイン(=看板/sign)をペイント(=描く/塗る)ことを意味するのですが、日本のようにアクリル版に印刷して設置するタイプではなく、サインぺインターと呼ばれる職人自らが筆を持ち、対象物に直接描くことが最大の特徴です。






先日もORVIS ONE氏の元で武者修行をさせてもらったDARGO Zaitsuが製作するサインボードをオンラインストアに掲載致しました。
もちろんこちらは1点1点フリーハンドにて描いています。





【DARGO】Original Sign Board "PRIVATE" (CLICK!!)










【DARGO】Original Sign Board "Wi-Fi" (CLICK!!)







【DARGO】Original Sign Board "GENTS" (CLICK!!)









【DARGO】Original Sign Board "LADIES" (CLICK!!)







【DARGO】Original Sign Board "TOILET" (CLICK!!)
















DARGO JAPANは手刷りのT-shirtに加え、手書きのsignboardを展開しています。


常日頃、なんでアメリカの製品や作品ってこんなにカッコいいんだろうって考えていますが、きっとそれは製作者が物理的なしがらみに縛られず、インデペンデンス(独立)して、D.I.Y精神で取り組んでいるからなんだと思います。


元々、広大な土地を人種問題や戦争を乗り越えて自分たちで開発してきた地域ですからね。
国民性なども関係しますが、とにかくアメリカの製品はアイデアが背景に垣間見えてどれもカッコいい。


そして、やりたいことをやる。
技術の上でそれが発揮できた時、ものすごくカッコいいモノが出来上がるんじゃないだろうかと。



僕らは「大量生産 大量消費」が基準になったこのご時世に、あえて非効率的な作業方法で勝負しているんですね。
それは僕らがあまのじゃくであると同時に、大量に作られ、数多く並べられた冷たい製品に魅力を感じないから。


なんでもいいなら毎日ゴハンなんかも冷食でいいじゃないですか。
レンジでチンして即完成なんですから。時間短縮でしょう。


でもそうじゃないって僕らは強く思うし、作ってくれた人に感謝もする。
また、その背景に見える”手間”までイメージしています。


ビジネスにつきまとうマーケティングの結果やターゲット設定の年齢がどうのこうのはともかく、既に愛用してくれている人やモノを大事に使っていきたい人たちのために技を磨くし、もっと楽しく、面白いことをしたい。


話はそれましたが、手書きの看板もいまの日本から見ればなかなか乙なもんですよ。


スタッフ2人とも渡米経験があり、大好きなアメリカの伝統技術「signpainting」を日本で伝えています。


こういった看板は空間に拘りたい方にすごくオススメです。





DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!
e-mail:dargo.japan@dargo2014.com


2016年7月17日日曜日

【DARGO】"LOVING SMILE" T-shirt

いつも熊本発インディーズT-shirtブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます!


本日もこちらをご紹介。
国内向け通販でもボチボチご注文を頂いており、先日ご紹介した香港のビンテージショップ【DAY CHILD STORE】にもお取扱い頂いています。




DARGO
”LOVING SMILE” T-shirt
color:Denim, Grey, White
size:Small, Medium, Large, X-Large
price:4536yen (in tax)



【デニム】(CLICK!!)






一見ネイビーのようにみえますが、他アパレルが展開しないような最初から長年着込んだような色味が特徴です。
まるでデニムのように絶妙なカラーです。実際に藍染はしていませんが、藍色に近いキレイな色をしており、僕も相当気に入っています。
古着のT-shirtをベースにデザインしているDARGOらしい色だと思っていただけると嬉しいです。






ネックはダブルステッチ製法。つくりもしっかりしているので伸びしらず。
17番 セミコーマ糸を使用しており、肌触りと耐久性を兼ね備えています。








【グレー】(CLICK!!)






グレーはどんなボトムとも相性の良い、ベーシックで汎用性の高いカラーで間違いないですね。
キャップや靴が遊びやすくなるのでスタイルも幅が広くなります。






胸元のスマイル。こうやってプリントしています。
胸だけで3版(3色)構成。







【ホワイト】(CLICK!!)






主張がハッキリしている分、やはりホワイトは一番人気ですね。






横割りの無い丸胴シルエットです。ボックスシルエットでアメリカらしい雰囲気を漂わせています。





胸元のスマイルの周りに「LOVING(愛する=こだわる)というメッセージをスピンロゴで表現しています。
水性インク同士を重ねているので輪郭や口をは少し滲んでいますが、これはこれでアリ。
着込んでいった時に上質な古着になってほしいので、あえて個体差が生まれる「手刷り」でプリントしています。






スピンロゴの起源はSCREEMING HANDを生み出したスケートボーディングカンパニー【SANTA CRUZ SKATE BOARDS】に所属するアートデザイナー<Jim Fillips / ジム・フィリップス>が生み出したものです。



・SANTA CRUZ SKATE BOARDS(http://santacruzskateboards.com/
・Jim Fillips(http://santacruzskateboards.com/30screamingyears/



スケートボードは1960年代にアメリカで発祥されたアクションスポーツです。
当時のスケーターたちは社会的なハラスメントを受けたりしており、アメリカ国内でも現代のようにスポーツやファッションとしても認知されておりませんでした。


1980年代に入り、ジム・フィリップスは自分の左手を模写し、その青い手に口とベロを描き足し、スケーターたちの全ての怒りを表現します。


大きな海を隔てた遠い異国の地で、大人から馬鹿にされながらも、大好きなスケートボードに全力を注いできた人たちがいたおかげで、スケートはカルチャー(文化)として認めれられ、多くの著名人を輩出し、現代のファッションシーンでは欠かすことのできない分野となっています。


それは日本でも同じことです。彼らの貢献度は世界的に見ても計り知れません。


では、その功績に対するリスペクトを僕らが次の世代にカタチとして残すにはどうすればいいのか。


デザインの権利を買ってまるまる同じデザインを流通させることが一番手っ取り早いかもしれませんが、僕らも小さなアパレルですし、そんなことは簡単にできません。


であればパクリと言われようとも「あれ?なんだこれ。元ネタあるのか?」と思わせるようなデザインを考案すべきだし、そうやって元を辿って興味を持ってもらえるようなデザインを提案したいと考えています。あとはそこに芸が有るか無いかでしょう。


そうやってインディーズT-shirtシーンからカルチャーを伝えていけたらと思っています。




【STYLE】

TOPS / 【DARGO】"LOVING SMILE" T-shirt
SHORTS / 【srtussy】TIGER CAMO SHORTS
SHOES / US VANS
CAP / NEW ERA HWC
※T-shirt以外はすべてスタッフ私物




ボディ寸法は「表記S」で一般のT-shirtの「M」くらいあります。
でも僕(171cm/57kg)は普段「M」を着用していますが、表記より大きいサイズ感のこちらも「M」を着用し、すこしルーズにあわせています。


ボディも5.6オンスと標準的な厚みで、薄すぎず厚すぎずといったところ。
蒸し暑い夏でも快適に着用できて最高ですよ。


デザイナーZaitsuと2人で考案し、ゆるく着ても映えるデザインに仕上げました。
ショーツやテーパード系のパンツと合わせるドンズバでしょうね。


また、こちらはお客様に刷りたてのT-shirtを着用して頂きたいので、ご注文後より4~7日ほどお時間をいただいています。
プリントは1点1点、熊本市内の専用スタジオでデザイナーZaitsuと代表Narimatsuが心をこめてプリントしています。


お時間を頂きますが、ご到着まで楽しみにしてお待ちいただけると幸いです。







DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!

2016年7月13日水曜日

【新しいお店がOPENしてもドキドキしない話】

いつも熊本発インディーズTシャツブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます。


今日は洋服屋の話をひとつ。


ぼくたちは熊本に在住しながら、主にオリジナルのシルクスクリーンT-shirtの製作に取り組んでいます。


熊本の街並みの変化を見ながら、最近感じたこと。


新しいお店がOPENしても全然ドキドキしない。


一消費者、一服好きとして、この感じなんでだろうってずーっと考えていました。
3年くらい前から全然ドキドキしないんです。


僕は熊本が古着ブームで大賑わいだった12年前(2004~2005年あたり)に洋服に目覚めて、お小遣いを貯めては街に洋服を買いにいっていました。


学校や友達の中で取柄がなかった僕にとって、感性で洋服を選び、「それ、いいね!」って褒められる瞬間が存る「ファッションする」ということは楽しくて最高の時間でした。


当時はインターネットやSNSはまだ未発達で、唯一の情報源といえばSPY MASTER/スパイマスターというローカルファッション誌だけ。


STREET JACKやGET ONなどもありましたが、どちらかというと当時の全国誌は都内のショップやブランドに視点を置いていたので、BAPEやNo.9などの裏原アイテム特集がメインで、中学生のボクらは手に入れる手段もないので雑誌としてあまり興味を持ちませんでした。


で、代わりにスパイマスターを毎月買って、その月の各ショップのオススメ商品を眺める。
スパイマスターの良い点は、自分のお気に入りのショップのオススメを見れるのはもちろん、自分が行かなさそうなお店のオススメ商品も見れること。


食わず嫌いだったり、店員や常連さんが店の前でたむろって入りづらくても、スパイマスターならチェックできる。
残念ながら後にスパイマスターは廃刊となってしまったのですが、当時は各ショップのオススメ商品を一同に拝見できる画期的な雑誌だったのです。


そのときの熊本の街は土日に遊びに行けば、どのお店もお客さんでパンパン。今とは勢いが違います。
チラっとのぞいてゆっくり見れなさそうだったら「2時間後くらいにまた来ますね~(^^;」なんて当たり前。


お店に行けば洋服はカッコいいものばかり置いてあるし、街もカッコいい服を着た人しかいないし、まるでカッコよくなるために存在している。当時の街にはそんなクールな空気感が漂っていたように感じます。


それで、今となると熊本に新しい洋服屋さんがOPENしても湧き出るものがないというか、何も感じない。


洋服が好きなのに、なぜだろうと。


あれこれ考えたんですけど、おそらく既に一人あたりの選択肢がめちゃくちゃ増えたからだと思います。


ネットやSNSはとてつもなく発達し、今ではわざわざ飛行機に乗らないと買えなかったお店の商品もボタンひとつで買えるほど便利になっている。


逆に僕らが地元のショップで買う理由は何なのか?


実物を直接見れるのはありがたいが、モノだけ勧めてきて付加価値をサービスできないショップ店員がいたり、純粋にお店にいるときの時間が楽しくなかったり。


時間の無駄だし、じゃあポイントも使えるし、ネットで安く買おうってなりますよね。


そうやってリアル店舗から人が離れていっているのが現状ではないでしょうか?
ショールーミング現象(お店で見て、ネットで購入すること)はとても発達していると感じます。


何度も繰り返しますが、一人あたりの選択肢が「地元のお店」+「ネット上の無数のお店」になっているので、街の見え方が十数年前と変わってきています。


たぶん、僕が新しいお店のOPENにドキドキしなくなったのは、これが答え。


一消費者として、地元のお店は応援したいはずです。
皆さん少なからずこう思っているのではないでしょうか?
でも応援消費を頻繁に繰り返すほど理由もないんだと思います。


そういった意味で、僕はこれから「どこでも買えそうなお店が増える」ことよりも、既存のお店が仕掛ける「今までにない面白いこと」に期待しています。


それは別に難しいコトを期待しているわけでなく、例えばそのお店のオリジナルT-shirtを作るということでもいいじゃないですか。
一発めちゃくちゃカッコいいのを丹精込めてつくって、流通させる。
そこでしか買えないなら足を運びますよ、お店に。


ネットの発達により、ぼくらの可能性は広がりました。
選択肢が増えました。それにも増して、モノは作り続けられています。
似たようなモノを数多く見ることはもう飽きたので、次はクオリティーが求められている時代ではないでしょうか?


それはディティールでもいいですし、コンセプトでもいいです。


とにかく売れ方やお客様の動向に左右されずに、「俺はこれが好きだ」と胸を張って言えるような濃いモノづくりを求められているように感じます。


いま、ファッションの時代は変換期を迎えています。
「数量」で満足させる時代から、「本体の質」や「正直な信念」が求めらています。
お客様はいつだって感動したいはず。
いつだって自分が買ったモノが「これいいね!」って周りから言われたいはず。


根底の事実は変わりませんが、経済や歴史などの周囲の環境が変われば、提案する側も伝え方を変化させていかなければなりません。


そういった意味で、脇目をふらずに好きなコトを突き詰め続けていくことが大事になってくると思います。多方面からの指摘や批判をすべて真に受けて、周りと同じ土俵を後発で築いても仕方がない。


継続してやっていると色んな意見を周りから言われるかもしれませんが、発信者は自分とお客様の共通のゴールにむかってひたすら走り続けていくだけですよね。


好きなコトを突き詰めていくしかない時代がやってきているし、好きなコトを突き詰めた人だけが生き残る時代になる。


そんな風なことを感じたという話です。


次回はしっかりアイテムの解説を行いたいと思います。






DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!

2016年7月10日日曜日

【サインぺインターZaitsuの武者修行】

いつも熊本発インディーズブランドTシャツブランド【DARGO】のブログをご覧いただきありがとうございます。


ピンストライプやウィンドウサインをジャンルとし、熊本県内を中心に活動されているアーティスト『ORVIS ONE/オルヴィス ワン』さん。


現場で施工されるということで、Zaitsuがそちらに応援(むしろ勉強)に行ってきたようです。





現場は熊本県山鹿市鹿北町にあります【ロースターズカフェ】様です。




炎天下の中、登って、描く。






ひたすら描く。






外壁は完成!






2日目は入口のドアのペイントです。





Zaitsuも一部を描かせてもらったようです(しかもゴールドリーフ)






無垢だったドアに新たな命が吹き込まれました。





ゴールドリーフとブラックの相性は抜群ですね。






ORVIS ONEさまの職人技。さすがです。






こちらがZaitsuが担当させていただいた部分です。デザインはORVIS ONEさん。




いやはや、駆け出しのサインぺインターとして本人もイイ勉強の機会になったと思います。


実寸大に印刷したシールを張れば一発で済みますし、手書きはそれとくらべると非効率的ですが、やはり生で見たときに”迫力”や”あたたかみ”が違います。


経年変化で時間がたてばたつほどカッコよく見えるのは壁に直接描くサインペインティング。


また、これを機にフリーハンドの魅力が熊本でも広まってくれると嬉しいですね。


ロースターズカフェ様・ORVIS ONE様
ありがとうございました!



【ロースターズカフェ 琥珀の時】
Facebook:https://www.facebook.com/kohakunotoki/
熊本県山鹿市鹿北町4丁1638-1


【ORVIS ONE/オルヴィス ワン】
Blog:http://olvis-one.blogspot.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/orvis_one/
ONLINE STORE:http://orvisone.thebase.in/





DARGO Narimatsu
-------------------------------------------------------
熊本発 インディーズTシャツブランド
DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art

熊本市下南部にあるジョンブルアンティーク内にてショールーム兼工房を構えて作業中です

【ONLINE STORE】

【Instagram】
・DARGO JAPAN

・ディレクター(Narimatsu)

・デザイナー(Zaitsu)
-------------------------------------------------------
【DARGO Hand Screen Printed T-shirt & Sign Art】
Original Silik Screen T-shirt Brand
STANDARD & CORE
Claft With Pride, All For You !!